決済代行の手数料について

決済代行業者に支払う手数料

現金を持ち歩かない人が、年々増えていると言われています。
支払いを現金ではなく、クレジットカードや電子マネーで支払う人が増えてきているからです。

外出先でさえ、ほとんど現金を持ち歩かない人が増えてきている中、ネットショッピングでの支払いは、現金振り込みや代引きではなく、クレジットカードでの支払いが多いのは当たり前だと思います。

一昔前までは、支払いは現金だけ、というお店は多かったのに、最近ではネットショッピングしかり、街中にある固定の個人店しかり、多くの店舗でクレジット決済ができるようになりました。

調べていくと、それにはある理由があることはわかりました。
その理由とは、決済代行業者が増えてきている、ということです。

決済代行業者とは、複数のあるクレジット会社などの電子決済会社と店舗の間に立ち、決済をしてくれる会社です。

もともとは、あるクレジット会社のカードでの支払いを可能にするには、その会社の加盟店に加わる必要がありました。
しかし、それには審査があり、また時間もかかることもかり、簡単なことではありませんでした。
特に、ネットショップなど個人店では、審査が通らないことも多いようです。
また、一つのクレジットカードの利用が可能になったからと言って、他の電子決済ができるわけではなく、他の電子決済を利用するには、それぞれと契約をする必要があったのです。

決済代行業者は、複数の電子決済会社が利用できるようにまとめて契約をしてくれ、また手続きも比較的スムーズに進みます。

店舗としては、決済代行業者に手数料を支払うことで、利用が可能になるという便利なものなのです。

≫ TOPへもどる