決済代行サービスでかかる手数料

決済代行の手数料について

>

決済手数料は業者によって様々

決済手数料について

決済手数料とは、クレジットカードなどの電子決済をする際に、その売上に対して何パーセントという比率でかかってくる手数料のことです。

この決済手数料は、決済代行業者によって差があり、大体3.3%から8%の間だと考えてください。

なぜ、これほど決済手数料が決済代行業者によって違いがあるのでしょうか?

これは、決済代行業者によってのそれぞれの特色があるのだと考えてください。
単純に考えて、決済手数料が安いほうが誰にとっても良いに決まっています。
それでも、これだけたくさんの決済代行業者があるのは、それぞれの決済代行業者に強みと弱みがあるからなのです。

決済手数料が低い反面、その他の手数料が高かったり、取り扱える電子決済の種類が少なかったり、業種によって取り扱ってくれない業者があったりとするのです。

どのように比較するのか

はじめて電子決済をしようとしている方は、電子決済が可能になったあと、どの程度の取引があるのかは予測しずらいとは思います。
ただ、運営している業態と現状の売上から、電子決済導入後の費用は大体予測はできると思います。

皆さん、電子決済を導入しようと考えているのは、お客様の利便性を向上させたい、売上をさらに伸ばしたい、と考えているのだと思います。

リピーターが多い業態のお店であれば、顧客のお客様がどの電子決済を望んでいるのかをリサーチをし、その電子決済が利用可能な決済代行業者はそれなのか、決済手数料はいくらなのかを調べてみると良いと思います。

新規のお客様が多い業態なら、同業他社がどのような電子決済を入れているかをリサーチして、比較してみるのも良いと思います。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる